Welcome everyone. This free premium theme is called "Nerd Blue" and is designed by me at www.derek-ang.com. To find out more about me, visit my webmaster blog.

Archive for 11月, 2017

冷え性は漢方を利用して改善している女性も多い

日曜日, 11月 26th, 2017

体調不良とは、年齢問わず誰にでも起こり得ることです。ですが、ちょっと気を付けて生活するだけで防げることもあります。
冷え症もそうですが、食生活や適度な運動で体に免疫をつけておいたり、代謝をあげたりすることが大事です。
体調不良に負けない体つくりをするということは、自分の体を守ること、すなわち妊活にもなるのです。

特に女性はホルモンバランスの関係による体調不良や、女性ならではの病気もあります。自分の体をいたわれるような日常生活を送っていきたいものです。
そのためには食べ物の栄養分、体にいい成分を知っておくといいでしょう。

ドクダミ・ゆず・しょうがそこで注目なのが漢方です。
漢方の成分は医薬品に使われていることもあり、治療目的で使われていたり、健康食品として使われていることもあります。
漢方につかわれているような植物は、まだまだ購入できるところは少なく限られていますが、漢方薬であれば通販やドラッグストアでも購入することが可能です。漢方薬に含まれているものはドクダミ、ゆず、ショウガといった身近な植物も多く、そのまま食べることはできなくても体に良い働きをするものが多いです。
特に妊活をするには冷え性にならないことが大事ですから、漢方で冷えない体つくりをすることが必要です。血の巡りを良くする効果がある漢方を飲めば、生理不順が改善されることもありますし、妊娠しやすい体にもなります。

また、漢方は飲みにくいものも多いですが、美容にも良いものです。漢方というと値段が高く高級なイメージもありますが、漢方は冷え改善であったり生理を楽にしたり女性に優しいものでもあります。
ですから、冷えに悩む人や隠れ冷え性になっているのが心配な人は、漢方で体質改善をしていきましょう。
ですが漢方はかんきつ類と一緒に飲まないほうが良いなど、飲む上での注意点もいくつかありますから、使用上の注意を読んで、また自分の体にあわないと感じるものは飲むのを中断したりやめるようにもしましょう。

冷え性は漢方とお茶で改善する

木曜日, 11月 23rd, 2017

生姜とお茶お茶というのは妊活中も、リラックスタイムに飲むとホッとして良いものですが、お茶も成分にこだわって健康に良い物、体に良いものを見つけてみると良いです。
多少苦みがあっても、デトックス効果のあるものは体内の老廃物を排出させるにも良いですし、小食の人であれば、お茶によって体に良い成分を取り入れることもできて良いものです。
また、漢方にも使われるドクダミはドクダミ茶として飲むことができますし、ショウガははちみつショウガ湯としてお茶代わりにして飲むこともできます。
体の内側から温まりますから、妊活中の冷え予防にもなるでしょう。

また、お茶は成分だけにこだわるのではなく、お茶を飲む陶器にもこだわりってみると良いでしょう。お茶を味わう楽しみが増えたり 、同じ茶葉でも今までとはまた違った味わいを感じることができるものです。
中国や台湾、韓国などではすでにお茶の葉だけではなく、入れ方にも注目していることというのはあるものです。また、韓国では五味茶など、お茶の葉ではなく木の実や漢方も多く取り入れたお茶が主流ですから、そうしたお茶の種類にも注目してお茶を楽しむ習慣を取り入れてみましょう。

そして、春や秋になって心配なのが鼻のトラブルですが、妊活中は鼻炎薬などの薬を飲んで症状を改善させるのも避けたいところです。
そこで、栄養たっぷりの漢方やお茶を飲むのがおすすめです。ミネラル成分がたくさん含まれている健康茶なども注目してみましょう。
花粉による鼻炎は体質によって酷くなることもありますし、免疫が低下していると悪化してしまうこともあります。体に良いお茶の成分や漢方を取り入れながら、強い体を作っていくと良いです。
妊活中から強い体にしておくことで、妊娠中のつわりやめまいなどの症状が軽くなることも多いので、体力のある体にするためにも良いお茶、良い漢方というのを見つけてみると良いでしょう。

冷え性の男性に推奨したい漢方

火曜日, 11月 21st, 2017

冷え性イコール女性だけが悩む体の症状だと思われがちですが、実際はそうではありません。男性でも冷え性に悩む場合があります。
男性は女性と比べて筋肉量が多いので冷え性とは無縁な印象を受けますが、寒さに苦しんでいる男性が実は少なくないです。
ただ、男性が冷え性対策で厚着をしていたり、靴下を2つ重ねて履いたりするのは、何となく抵抗がある人もいると思います。男性で温活というのはあまりイメージがありませんので、結果的に我慢していることもあります。
しかし、それではいつまで経っても冷え性が改善されません。そこで、男性向けの冷え性改善方法として推奨したいのは、漢方を飲むことです。

男性が漢方を飲む厚着をしたり靴下を2つ重ねて履いても冷え性の根本的な解決にはなりませんが、漢方で体質改善を図れば、冷え性の根本的な解決を見込めます。
東洋医学に基づいた漢方は、体質改善を目指すとき力になってくれる薬です。また、漢方なら飲んでいたとしても男性として別におかしくはありませんし、体の内側から冷え性の対策をしていくことができます。
男性の中には「漢方なんて身近ではない」という人もいるかもしれません。
特に若い人は、どんな漢方があるのかもわからなかったりします。ですが漢方の中には冷え性に効果的な漢方がありますので、それを探して飲めばゆっくりと体質改善を目指すことができます。

漢方を入手する手段ですが、ドラッグストアにも置いてあるものもありますし、よく利用する通販サイトで調べてみるのもおすすめです。
冷え性対策になるような、男性でも手軽に飲める漢方が通販サイトによっては販売されていますので、それを買って飲めば辛い冷え性を何とかして改善できるかもしれません。
漢方は体質によって合う合わないがあるでしょうから、必ず効果が出るとは言い切れないですが、とりあえずやってみる価値はあります。男性でも酷い冷え性だと寒い季節が本当に辛くなってしまいますし、漢方で体の内側から対策していくのは理に適っています。

冷え性に効く漢方は市販のものも入手できます。

土曜日, 11月 18th, 2017

冷え性に悩む人は、年齢性別を問わず多くいるものです。
冷え性は免疫力の低下や低体温の原因となり、病気にかかるリスクを上昇させてしまうものです。そのようなことから冷え性を改善したいと思うものです。
冷え性対策としては、温かいものを食べて冷たいものを避けるなどの食事による方法、ウォーキングやヨガなどで体を動かして温める運動による方法、腹巻や靴下で体を温める方法が思いつくものですが、実は漢方でも冷え性対策ができます。

漢方薬はれっきとして医薬品であり、その中には冷え性に効果があるものが複数あります。
例えば、更年期障害やPMSなど婦人科系のトラブルによく処方される「当帰芍薬散」がありますが、冷え性にも効果があるとされる漢方薬としても有名です。
他にも、「加味逍遙散」や「半夏厚朴湯」など他の疾患によく処方される漢方薬も、冷え性に効果があります。

ただ漢方薬に関してはそれほどなじみがないという人も多く、販売されているのは専門の漢方薬局など限られたところにしかないと思っている人も多いものです。
実は漢方薬は医療機関でも処方されていて、その効果も実証済みであり、さまざまな疾患の治療によく使用されています。しかしながら他に具合の悪いところがなくて冷え性の改善のためだけに医療機関を受診してもいいものか、もしくは冷え性のためだけに受診するまでもないと思う人もいるものです。

ドラッグストア病院に行くのは気が進まないけど、冷え性対策の漢方薬を飲んでみたいという人は、スーパーやドラッグストアの医薬品売り場で市販の漢方薬を購入して服用することが可能です。
「当帰芍薬散」や「加味逍遙散」、「半夏厚朴湯」など多くの種類の漢方薬は市販でも売られていて、処方薬と同様に効果があるため、冷え性対策としても気軽に利用できるものです。
店舗によっては多くの漢方薬が販売されている上に、冷え性に効果のあるものが多いことから、自分はどの漢方薬を飲むべきかと迷うこともあるかもしれませんが、その場合は店舗の薬剤師や登録販売者に相談すれば適した漢方薬を紹介してくれます。

妊娠を考える人は漢方で冷え性改善するのがおすすめ

金曜日, 11月 17th, 2017

冷え性改善や体質改善には漢方が良いということは昔から知られていることでもありますが、漢方に使われている植物は薬草と呼ばれるもので、馴染みのないものが成分となっていることもあるものです。
ですが妊娠しやすい体にするため、冷え性改善のためにはこうした薬草が持つ成分、効果も取り入れていくといい結果につながることもあるので、妊活中の方、冷え性に悩んでいる方は漢方を試してみてはいかがでしょうか。

七草がゆ体に良い薬草として身近なものは、草餅などに使われるヨモギや、春の七草があります。
七草粥を食べるようになったのは、お正月のおせち料理や宴席で疲れた胃腸を休める為に、ということや、風邪をひきにくくするための薬膳効果を期待してという言われもあるようです。

どんなに妊活に良いといわれることをしていても、体が弱っていては妊娠につながりませんし、冷えやすい体のままにもなってしまうでしょう。漢方はこうした自然の薬草、植物のもつ力を活用してできたものですから、妊娠しやすい健康な体をつくるためにも利用していくことをおすすめします。
女性の社会進出は珍しくなくなってきた昨今、仕事が忙しいせいでホルモンバランスを乱す方や、体調を悪化させる女性も珍しくありません。そして食生活の乱れ・食の欧米化が進んでいることによって、生活習慣病に悩まさせる人もいます。
そしてそれに加えて不妊の悩みを抱えている人もいます。不妊というのはいまいち危機感がない女性も多いのですが、近年結構多くの女性が悩んでいます。不妊の原因となる冷え性にならないように漢方で予防することもできます。

女性は新商品やおしゃれなもの、かわいいものには目がないものですが、そういったものだけでなく、体を良くしていく昔からあるものにも注目いていくといい結果につながるかもしれません。
妊娠を希望する女性は自分にあう漢方を見つけてみてください。漢方も飲みなれていくことで苦手意識が少なくなるでしょう。