Welcome everyone. This free premium theme is called "Nerd Blue" and is designed by me at www.derek-ang.com. To find out more about me, visit my webmaster blog.

冷え性の改善に漢方を取り入れる

生薬冷え症を改善する方法はいろいろありますが、その一つに漢方薬を利用するのも良いでしょう。
漢方薬は体を温める効果のあるものもあり、自然に治していくことができます。

漢方薬を薬局やドラッグストアで購入するとなると、値段が高いのが気になります。
漢方薬を扱っている医療機関を受診することで、自分に合った漢方薬を処方してもらえます。
冷え症はそのまま放っておくと、様々なリスクを生じてしまいます。
体温の低下は免疫力を下げてしまい、その分病気になりやすくなってしまいます。
特にこれから冬に向かって寒くなってくると、冷え性の人はかなり辛い季節になるでしょう。
既に何らかの病気があり、服薬中の方は必ず医師に相談してから、漢方を利用するか決めるようにしましょう。

漢方薬は「副作用が全くない」というわけではないので、注意しましょう。中には自分の体質に合わないものもあります。
素人判断で選ぶよりも、医師や薬剤師などに相談してから決めたほうが無難です。
漢方は病気と判断される前の段階の、いわゆる未病と呼ばれる症状に効果が期待できます。
病気とまではいかなくても、なんだか体の調子がいつもとは違うとか、調子が悪いなどの時に利用すると良いでしょう。
冷え症などが原因で血流が悪くなって、体調不良になることもあります。

そのような時は、体を温める効果のある漢方薬で効果が期待できます。
しかし、しばらく服用しても効果が見られない時や、逆に調子が悪くなってしまった場合はすぐに使用を中止して、医師の診察を受けるようにしましょう。
漢方は自然の力を上手く活用して、体の調子を整えて行きます。
数多くの生薬を上手く活用して、健康な体を目指していきたいものです。

冷え症は漢方の力だけで改善出来るものではありません。やはり毎日の食生活や生活習慣の改善も必要です。
特に現代人は過剰なストレスと運動不足になりやすく、それが体を冷やす大きな原因とも言われています。
体を冷やさない生活習慣を心がけ、補助的に上手く漢方を利用していくと良いでしょう。

漢方でのんびり冷え性改善して効果を実感しませんか?

近年「冷え性」を実感している人が男女問わず多くなってきました。
私自身も20歳を過ぎたころから、徐々に”冷え”を実感する機会が増えていきました。
夏でも、手足の先をさわってみると冷たかったり、冬にはベッドに入ってからも足先が冷たくてなかなか寝付けないことも多かったです。
現代では、女性にとって冷え性は様々な不調の原因になると考えられており、首・肩のコリや、自律神経の乱れの原因となったり、ホルモンバランスの不調を招くと言われています。

生理不順冷え性の改善方法として様々なものが紹介されていますが、「漢方」を使って冷え性を改善した経験についてお話ししたいと思います。
私が初めて冷え性と向き合うきっかけとなったのが、ホルモンバランスの乱れでした。20代半ばに生理不順がひどくなったため婦人科を受診したところ、冷えが原因かもしれないと言われたのです。身体が冷えている状態が続くと、体内の血流が悪くなり、それがホルモンバランスの乱れを招く要因となるという説明を受けました。
先生は私に、冷え性を改善する効果がある漢方を勧めてくれ、服用することになりました。
漢方の種類によって飲むタイミングは異なってきますが、私の場合は、朝・昼・晩と食前に3回飲みました。
効果的な飲み方として、白湯に溶かしてゆっくりと飲むと身体が温まり、ゆったりとした気持ちになれるのでお勧めです。

冷え性に効果がある漢方は、 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)  桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)  温経湯(ウンケイトウ) など、多くの種類があります。
漢方というものは、薬のように即効性があるものではありません。今出ている症状を封じ込めたり、すぐに治めたりするのではなく、自分に合ったものを長期的に服用し、のんびりと体質改善することを目指します。
その反面、副作用と呼ばれるものはほとんどないと言われています。私は体質に合う漢方を見つけることができ、今では基礎体温も上がり、冷えに悩まされることは少なくなりました。